彼氏が電話中に無言になる理由とは?対処法とどうしても気まずいときに使えるネタ

彼氏が電話中に無言になる理由とは?

電話中、彼氏がよく無言になるんだけど、どうすればいいのかな?

彼氏と電話中、彼氏が無言になることはありませんか?

無言になると気まずい雰囲気が流れ、どう対処していいのか分からなくなりますよね。

私と喋っていても楽しくないのかな?

何か怒ってる?

そんな不安に襲われる女性も多いはず。

そこでここでは、彼氏が電話中に無言になる理由を徹底解説していきたいと思います。

対処法や気まずい時に使えるネタも合わせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

この記事で分かること
  • 彼氏が電話中に無言になる理由とは?
  • 電話で無言になるのは気持ちが冷めたから?
  • 彼氏と通話中の無言が不安なときの対処法
  • 彼氏と電話中の無言が、どうしても気まずいときに使えるネタ

彼氏の気持ちを知りたい方へ

彼氏と連絡が取れずSNSブロックされてから、まさかの復活した体験談を期間限定で公開中。

→【体験談】彼氏が冷めて連絡が来なくなった挙げ句SNSもブロック…でもあることがきっかけで以前よりも愛されるようになった話

目次

彼氏が電話中に無言になる理由とは?

彼氏が電話中に無言になると「楽しくないのかな?」とついつい心配になってしまいますよね。

しかし彼氏が電話中に無言になるのは、実はそこまで深い意味はない場合が多く、あなたの心配は鳥越苦労なことがほとんどなのです。

基本的に男性はコミュニケーションが得意じゃない

彼氏が電話中に無言になる理由は、コミュニケーションが得意ではないというケースがほとんどです。

男性は女性に比べて基本的に会話のキャッチボールが不得意な人が多く、会話そのものが苦手という男性も多いのです。

女性でも電話で会話するのは苦手という人は少なくないはず。

元々の性格もあるので、温かい目で見守ってあげましょう。

単純に話すネタがなくて無言になってしまった

彼氏が電話中に無言になるのは、単純に話すネタがなくなったのかもしれません。

特に頻繁にデートしているカップルは、話したいことは全部話した後で、電話では話すネタに尽きてしまうことも…。

この場合はそんなに深い意味の無言ではないので、気にしなくても良いでしょう。

彼女とつながっていることが心地良すぎてつい無言に

彼氏はあなたと電話でつながっていることが心地良すぎて、電話中に無言になっている可能性があります。

電話は会話を重視する人もいれば、つながっていること自体に満足をして特に無言になっても気にしないタイプの人もいます。

もしかすると、あなたの彼氏は後者なのかも。

この場合、彼氏があなたとつながっているだけで幸せと思ってくれている証拠であり、愛されている証なのです。

自分のことより彼女の話を聞きたいと思っている

口下手な彼氏の場合、自分のことより彼女の話を聞きたいと思って無言になっている場合があります。

話すことが苦手な人は、自分の話は面白くないと思っている人が多く無言になりがちで、聞き手役に徹することが多いでしょう。

このタイプの彼氏は、自分が無言になることで彼女を不安にさせている自覚がない場合がほとんです。

電話で無言になるのは気持ちが冷めたから?

電話で彼氏が無言になると色々と不安になってしまいますが、電話中に無言になるのは気持ちが冷めたからというわけではありません。

本当に気持ちが冷めてしまったのなら、彼女からの電話を無視することもできるはず。

彼氏が無言になりながらも電話に付き合ってくれているうちは、まず大丈夫でしょう。

彼氏は電話であなたと会話することを目的としているのではなく、電話でつながっているという心地良さや満足感を求めているのかもしれませんね!

彼氏と通話中の無言が不安なときの対処法

彼氏が冷めているわけではないと分かっていても、やはり無言の電話というのは避けたいのが女心。

では、彼氏との電話中に無言が不安な時、一体どうすれば良いのでしょうか?

ちょっとした工夫で無言が改善される場合もあるので、色々試してみましょう!

たくさん話すこと・長電話のほうが良いということではない

まず頭に入れておかなければならないことは、たくさん話したり長電話の方が関係が良好というわけではないということです。

彼氏との電話は、長さより質。

大事なポイント

2人がどういう気持ちで電話でつながっているかが大切であり、その想いは電話の長さに比例しているわけではないということを念頭に入れておきましょう。

ビデオ通話を試してみる

電話中の無言が不安な時は、ビデオ通話を試してみると良いでしょう。

お互い顔を見て話すことで表情も良く分かり、不安な気持ちも解消されやすいのではないでしょうか。

また、案外声だけの電話よりビデオ通話の方が話しやすいと感じる場合もあるので、彼氏が色々とお喋りしてくれるかもしれません。

彼氏に質問してしゃべるように仕向ける

彼氏が電話中に無言になるのが不安な時は、積極的に彼氏に質問してみましょう。

今日のお昼は何食べたの?

仕事は順調?

昨日、あのテレビ見た?

色々と話題を振ることで、彼氏はそれに答える形で喋ってくれるはず。

いつも聞き役に徹している彼氏と立場を変えてみるのも有効な手段です。

自分から話すネタを用意しておく

口下手な彼氏の場合、彼氏からの話題を期待するのは難しいかもしれません。

そう言った時に無言にならならいようにするには、電話する前にしっかりとネタを用意しておくことが大切です。

共通の趣味の話や、2人で行ったお店の話題など、彼氏が話しやすいネタをいくつか考えておくと会話がスムーズに弾むでしょう。

1回の電話の時間を短くしてみる

彼氏と電話中の無言が不安な場合は、1回の電話の時間を短くしてみるのも方法の1つです。

ダラダラと長く話していると、話題が尽きてしまうのは当たり前のこと。

それならば1回の電話を短くして特別感を出した方が、時間が短くても濃い内容の電話になります。

長くつながっているのも心地良いかもしれませんが、内容がギュっと詰まった電話も時としては良い場合もあるのです。

彼氏と電話中の無言が、どうしても気まずいときに使えるネタ

彼氏との電話中の無言がどうしても気まずい時ってありますよね。

何か話そうとすればするほど、何を話して良いのか分からなくなるというループに陥りがち。

ここではそんな時に使えるネタをいくつかご紹介していきます。

彼氏と気まずいあなたへ

彼氏に冷められて、連絡も取れなくなった末、とあるチャンスが引き金となり復縁した体験談を期間限定で公開!

連絡が最近少なくなってきて気まずい…そんなあなたはぜひご覧ください。

→【体験談】彼氏が冷めて連絡が来なくなった挙げ句SNSもブロック…でもあることがきっかけで以前よりも愛されるようになった話

一日の報告をする・彼の一日について聞く

彼氏と電話中に無言になった時や会話が尽きそうな時は、今日を振り返って1日の出来事を報告し合うと良いでしょう。

1日の報告が彼氏とのルーティーンになると、もう無言の電話なんて怖くありませんよね。

1日の報告をすることで、明日も頑張ろうという気持ちになるように明るく報告し合うと、彼氏もあなたとの電話が楽しくなるでしょう。

好きなものの話を共有する

彼氏との電話での無言対策としては、好きなものの話を共有すると話題が盛り上がりやすいでしょう。

好きな歌手や好きな食べ物、映画や本など、とにかくお互いが好きなものの話を話題にすることで、彼氏も喋りやすくなるはず。

共通の趣味がある場合は、そのことについて色々と語り合うのも楽しいですね

やりたいことや希望を話す

彼氏との電話中、無言が気まずい時は、2人で今後やりたいことや希望を話し合うと会話が弾みやすいでしょう。

今度2人で〇〇の体験に行ってみようよ!

あそこのカフェがオープンしたから、次のデートで一緒に行ってみない?

このようにやりたいことや希望を話し合うと、楽しく会話しやすくなります。

その際、彼氏の要望もちゃんと聞いてあげることがポイントですよ!

二人の思い出を振り返る

彼氏との電話中に無言になったら、2人の思い出を振り返ってみるのも良いでしょう。

「あの時のこと覚えてる?」など、楽しかった思い出をネタにすることで、彼氏も思い出話に花を咲かせてくれるかもしれません。

また、2人の大切な思い出を話すことで、当時の気持ちが蘇り、絆がより深まるメリットもあるでしょう。

まとめ

彼氏が電話中に無言になる理由や対処法、気まずい時に使えるネタをご紹介しました。

本記事でも分かるように、彼氏が電話中に無言になるのは、あなたに対して冷めたからではないということ。

むしろ無言でもあなたと電話でつながっていたいと思ってくれているのだから、喜ばしいことですよね!

2人の関係が良好であれば、少しくらい電話が無言でも問題ありません。

自信を持って彼氏との電話を楽しみましょうね!

コメント

コメントする

目次